最新情報

TOP> 2016.01.27

「中高生のスマートフォン利用実態調査」を実施


個別指導塾『森塾』にお通いの中学生・高校生の生徒さんを対象とし、2015年10月に「中高生のスマートフォン利用実態調査」を実施致しました。
調査結果からは、スマートフォンの保有が着実に進む中高生の携帯事情や、地域による保有率の差など、2016年の「今」におけるリアルな中高生のスマホ(スマートフォン)利用実態が見えてきております。

【調査結果のサマリー】
1. スマホ保有率(中学生/高校生別)
調査対象となった中高生全体のスマホ保有率は71%。中学生65%に対し、高校生は95%と高い。高校生では全体の67%と三分の二が『iPhone』を保有。
(1)調査対象となった中高生全体のスマホ保有率は71%。
OS別で見ると、『iPhone』が43%に対し『Android端末』が24%と『iPhone』が優勢。
(2)中学生で見ると、スマホ保有率は65%。
OS別で見ると、『iPhone』が36%に対し『Android端末』が23%と、高校生と比較し両者が拮抗しているように見えるが、実際には、『スマホは持っていない』35%層のうち、14%は『iPod touch』を保有しており、中学生においてもiOS端末のシェアは高い。
(3)高校生では、スマホ保有率は95%とほぼ全員がスマホを保有している状況。
OS別で見ると『iPhone』が67%と『Android端末』の27%を大きく引き離している。

2. スマホ保有率(エリア別)
首都圏エリア中高生のスマホ保有率は77%。新潟エリアの中高生の保有率63%に対し、14%pt上回る。
Q.スマートフォン保有率(エリア別) (1)首都圏エリア中高生のスマホ保有率は77%。新潟エリアの中高生のスマホ保有率は63%となっており、首都圏/地方のエリア差により14%ptの保有差が存在。

3.スマホでの主要アプリ・サービス利用率(中高×性別)
中高生・男女問わず利用率が高く、全体で8割を超える『YouTube』。女子の利用率が相対的に高い『Twitter』『プリ画像』に対し、男子の利用率が高い『ニコニコ動画』。
(1)『YouTube』の利用率は、調査対象となった中高生全体で84%。中高生×男女の各層で80%を超え、総じて高い状況。
(2)『Twitter』の利用率は全体で50%。中学生よりは高校生で高く、男女で見ると、女子の方が相対的に高い傾向。高校生女子では82%と8割以上が利用。
(3)『プリ画像』は全体で36%の利用率ながら、男女間の利用率の差がはっきり分かれる。中高生女子では利用率が過半数を超えるのに対し、中高生男子では10%程度と低めにとどまっている。
(4)一方で、男子で相対的に利用率が高い傾向にあるのが『ニコニコ動画』。全体での利用率は23%であるが、高校生男子では45%と半数近くが利用。中学生でも女子より男子の利用率が相対的に高くなっている。
当社では今回の調査結果を元に、総合教育企業として教育IT領域を中心に、中学生・高校生を対象とした良質な教育コンテンツ・サービス開発を随時進めていく予定です。

【実施調査概要】
・期間  :2015年10月21日(水)~24日(土)
・対象者 :個別指導塾『森塾』にお通いの中学生・高校生
・有効サンプル数:934s
       <内訳>首都圏エリア(東京・埼玉・千葉)計:610s
           うち、中学生:508s 高校生:102s
           新潟エリア計:324s
           うち、中学生:206s 高校生:118s
・調査手法:自己記入式アンケート

*記載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
*掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

矢印ページ上部へ